Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/970-9accad2e

トラックバック

コメント

[C1727] kazz.

宇多丸の解説には完全同意。
http://youtu.be/DRuOcqQrKgg

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

今さらだけど書かずにはいられない「桐島、部活やめるってよ」

Blu-rayも出ようというタイミングで大変遅ればせながらですが、評判の良いこの作品をようやく観ました。

打ちのめされました、はい。


元々、方程式のようにストーリーが展開する作品が好きで、冒頭からこれは1シーンも気が抜けんぞと唸りながら(心の中で)見始めたが、それすらほんの序の口だった。

格差社会の暗喩としての学校、は狙いだろうけれど、それだけで語るのさえ物足りない。

「桐島」をめぐる登場人物の内、誰に感情移入するか。いやあらゆる登場人物に感情移入できるように作られているからこそ深いのよ。
一応ワタシ吹奏楽部だったけどさ。基礎練のスケールが、あんな効果的な心理描写になるなんて! (音楽は昔立花ハジメと一緒にやってた近藤達郎)
でもそれだって1シーンにしかすぎない。

表面的には平気を装って、でもそれぞれがそれぞれのギリギリさを抱えてて、それを徹底的にリアル〜ホントみんな芝居が自然!この演出〜に、しかも台詞回しよりもちょっとした表情とか、もっといえばカメラアングルとか照明とか編集のテンポとか、そういった映画的手法で、描く。
つまり映画としての圧倒的な完成度。
さらにその上に、自分の高校時代がオーバーラップする。そりゃ、参りますわよ。
上映中にも関わらず「わーーーーーっ!!」と叫びながら走りだし、、、たくなる。実際には踏みとどまりましたけどw. そんな衝動にかられるなんて初めての体験だ。
それ位、リアルだった。

出来ればオフィシャルサイトや予告編は観ないことをお奨めします。
でも女性陣はみな可愛いのでw、舞台挨拶の映像を貼っときます。

2.16には監督の解説付きの無料上映会があるとか→こちら
未見の方は、どんな形でもいいから、是非。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/970-9accad2e

トラックバック

コメント

[C1727] kazz.

宇多丸の解説には完全同意。
http://youtu.be/DRuOcqQrKgg

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

kazz.

I'm now here, I'm nowhere.
ここにいてそしてどこにもいない
ハイブリッド。
まあ、
住んでるとこ=地球、
肩書き=人間、
でええやん。

*タイトルはNICOっつかP-fiveから。
詳しくはここら辺り
http://48262.blog42.fc2.com/blog-entry-324.html
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=466626

Powered by FC2ブログ

AdSense

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。