Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/706-79ce15c7

トラックバック

コメント

[C1452] さらにもう一本

「ウルトラミラクルラブストーリー」が公開されとります。

予告編みた限りではどっかなーという感じですが、
イースタン吉野寿がコメントよせているのは珍しいなで気になるところ。

http://www.umls.jp/
  • 2009-06-10 01:52
  • kazz.
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

突然 麻生久美子



半月前まではまるで意識していなかった。 顔と名前すら一致しないというレベル。
「時効警察」あたりいかにも好きそうでしょ? でもOA当時話題になって数回観た程度、、、だった。

なんか、突然です。はい。。。


主演作が同時期に2本封切られているという。

特集記事

ああ、ライバルは「映画界」か(←アホか)。


で、早速2本とも観てきた訳ですが(爆)、どちらをお勧めと言われれば、
断然

 「インスタント沼」 (音あり)

です。


そもそも「時効~」の三木聡監督作品であることすら知らないで館に入ったので、作品的には「おと・な・り」の方がよさげだけど、まあ上映時間のタイミングもあるし、まずはこっちから。なんてかるーい気持ちで観に行って、いざ始まったら笑いながら感動。多幸感あふれて帰り道。

中身も言ってしまえばかるーいゆるーいコメディなんですが、競演陣が適材適所でいい味出してるし(風間杜夫と松坂慶子という時点で“粋”でしょう。そして加瀬亮はホントすごい)、進行上強引だが美意識的には堪らない工場の背景など、細部までさりげなく気を配ってる。

まるで「風呂上がりの夜空に」の住人が「ライフ・アクアティック」的演出を、、、私がこの2作品を引き合いに出すということは、付き合い長い方ならどれだけの賞賛かお判りかと。

全体的に、とっても“居心地のいい”作品でした。



一方、「おと・な・り」は、、、ええっと批判を書きます。

ナイーヴなテーマでありながら、いやあるがこそ、無神経な部分が目立ちすぎてかなりうんざりしてしまった。

まず麻生サン以外の芝居がことごとく空回り。「タイガー&ドラゴン」や「陰日向に咲く」でいい印象を持っていた岡田クンでさえ“残念”なことになっている。谷村美月は本人は熱演と言っていいのだが、きっと過剰演技を要求されていたのだろうと思うと不憫でならない。森本レオさんだってあのキャラ設定は安易すぎるだろう。これも本人じゃなくてスタッフの問題ね。その他は論外(平田満がせっかくあっちとつながっているのに!)。

最も重要なモチーフである「音」。これが逆に意識しすぎで無神経。前半で頭が痛くなってきた。固くて高音がキツい、いわゆる「カンにさわる音」という奴です。自分が観に行った恵比寿ガーデンシネマは、そういうとこきちんとしてくれてるはずなんだけど、、、。じゃ他の館ではさらに!?なんて悪い方へ考えてしまうよ。そもそもいくら舞台が古い集合住宅とはいえ、あそこまで音が筒抜けなわけねーっつの。

百歩譲って谷村美月をはじめとする“周囲のうるささ”が、“対比”だったとしても、ヒロインが珈琲を飲むとき「ずずずっ」なんて音を入れるのはどう説明するんだ。

音にこだわるなら、無音にまで気を配るように。編集も余韻を残せ。説明をまんま台詞に入れるな、映像と伏線で表現しろ。

意匠も凝ってるようで、後半の大事なシーンでコインパーキングの看板が映りこんで興ざめ具合ダメ押しだし、、、。


せっかくいいテーマなのにね。麻生&岡田コンビ以外のキャストと照明衣裳以外のスタッフを全とっかえして作り直してほしい、とさえ思った。


帰宅してからユーザーレビューを見ているとまるで反対意見が多数派か?
でもこんな意見もあった。なるほど。


2作品にはどちらも「癒し」というキーワードが当てはまるのは異論を持たないけれど、ワタクシ的に言わせてもらえば「癒し」と「癒し系」で明確に分けられる。どっちがどっちかなんて野暮なことは聞くなよ。


気を取り直すためにもう一度「インスタント沼」みちゃおっかな。一方の半券を持参すれば1,500円とのことでス。


ところで、元ネタはこれだったのね。この番組大好きでした。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/706-79ce15c7

トラックバック

コメント

[C1452] さらにもう一本

「ウルトラミラクルラブストーリー」が公開されとります。

予告編みた限りではどっかなーという感じですが、
イースタン吉野寿がコメントよせているのは珍しいなで気になるところ。

http://www.umls.jp/
  • 2009-06-10 01:52
  • kazz.
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

kazz.

I'm now here, I'm nowhere.
ここにいてそしてどこにもいない
ハイブリッド。
まあ、
住んでるとこ=地球、
肩書き=人間、
でええやん。

*タイトルはNICOっつかP-fiveから。
詳しくはここら辺り
http://48262.blog42.fc2.com/blog-entry-324.html
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=466626

Powered by FC2ブログ

AdSense

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。