Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/692-21edf076

トラックバック

コメント

[C1416]

>でももう彼はいないのであった。

現実を受け入れる勇気をもってるkazz.さん、尊敬します。


清志郎個人の業績もさることながら、日本のロックの精神的支柱みたいなものが、なくなったように感じます。

あとを、継げる器がいないもんな。

  • 2009-05-10 07:05
  • ヨシヒロ
  • URL
  • 編集

[C1417]

多摩蘭坂いったんですね。私も考えていたんですが…でもきれいにされててよかったです。

ヨシヒロさんの言う通りですね。

いまさらながらその大きさを痛切に感じます。
  • 2009-05-10 07:26
  • nk69
  • URL
  • 編集

[C1418]

いやぁ、受け入れる勇気なんて立派なもんはないですわ、まだまだ。

あとを継げる器いないし、また手法は別でも、清志郎位のインパクトある作品やライブをできる人がいるか? という。

youtubeその他に、とくに80年頃のぐいぐい動員を延ばしていった時期の映像や音源が今続々とupされている。まるで化学反応がおこったかのようなあの高揚感、ないんだよね。。。
  • 2009-05-10 10:04
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1419]

おつかれさまー、行ったんだねー国立まで。
先週から別にさ、泣いていてもしょうがないし、思いだせば楽しい事ばかりだったんでって思ってたけど、、昨日はさすがに参りました。。

とりあえず、正直俺もじわじわが爆発してつらいけど。
俺もなーさんも、恋の「陽のあたる場所」に何時になったら行けるのでしょうか?
むさしのたんぽぽ団ならぬ、むさくるしブラザーズの今後も考えて行きましょう!?

とりあえず、キヨシローが核であんたに出会えたこと考えればもうけもんです!!
  • 2009-05-10 13:36
  • とっくりん
  • URL
  • 編集

[C1420]

「忌野さんゆかりの「たまらん坂」に花束絶えず」[読売新聞]
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090510-OYT1T00035.htm?from=top

石垣の落書きはこちらに保存(制作協力しました)
http://www001.upp.so-net.ne.jp/hitohata/trsaka2001.htm


今回の報道に関しては、NHKは割と良心的だった気がする。
制作現場の主体がRC世代ってな。今夜のこの番組にはちょっと期待。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-05-10&ch=21&eid=10731

  • 2009-05-10 13:47
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1421]

>とっくりん
いざという時に間に合わないっつーのがね、なんだかね(汗)。
例によって頭の中は活字でいっぱいで美化して書いてます。
  • 2009-05-10 13:57
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1422]

先ずは佐野様DVDありがとうございます!!
現実逃避に役立ちましたよ。
昨日、行って来ました。
2時半から並んで斎場に入れたのが7時半頃。
お別れと最後のライブのつもりで行きました。
当たり前ですがご遺体に会える訳でもなく
献花台の祭壇には、笑顔の氏が…
途切れる事無く曲がかかり、
建物の外では、大合唱、手拍子、キヨシローと叫ぶ声、
曲のイントロと紹介のMCが始まると歓声と拍手、
終わるときも歓声と拍手。
MCが言っていましたが、まさに青山ロックショーでした。
泣いている方がいなければ、
ヒロトじゃあないけれど悪い冗談、
人騒がせなプロモーションなんじゃ?
と思わせるものがありました。

献花台に飾られていた愛用のギターを見た時には、
こみあげてきたものをこらえましたが。
建物をでて外で曲を聴きながら斎場を立ち去れずにいました。
不意にスローバラードが流れ、目頭がやばくなり、
次の上を向いて歩こうのイントロで堤防は決壊し、
あふれる熱い涙、をこらえることは出来ませんでした(笑)

お騒がせしてすみません。
新曲Oh My Radio のプロモーションなんです、実は
と誰か言ってほしい…
  • 2009-05-10 22:26
  • いのまた
  • URL
  • 編集

[C1423]

>イノっちゃw.
明日会社で会う前にコメントありがとう。

> プロモーション
うん、同じニュアンスで
「マスコミの情報に騙されるんじゃなねー!」といいながらゼリーが出てこないかって、まだどっかで思っている。
  • 2009-05-10 23:25
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1426]

青山Rock'n Roll Show、昼の12時に行った時点で激しい長蛇の列で、3時間半かけて葬儀所に到着したのだけど、、受けとめていたはずなのに本当のお別れなのだと思うと急に実感がわいてこなくなって。同じように自分も今ごろジワジワと来ています。なんだか少しでもボスに近い人の、ボスの匂いのする歌が聴きたくて、今日は吉祥寺GBへ三宅伸治バンドを観にいきました。Saxに片山さん、Keyに厚見さんがゲストで来ていて、ボスと一緒に作った歌、RC時代の歌、いっぱいやってくれました。自分の目には伸ちゃんの隣にボスが見えましたよ。心の中で号泣して観ていましたが、
伸ちゃん、「追悼とかそういうんじゃないんで。やりたいと思うからやるだけなんだ」って言ってガンガンやってくれました。MOJO CLUBのデビューアルバムが「社会復帰」でしたね。
身も心も明日からそうせねば。
  • 2009-05-11 02:26
  • shigeki kawada
  • URL
  • 編集

[C1428]

#やっとネット復活しました

NHKで「キモちE」て・・・いやいや、画面に歌詞出せるのか?!と、すごいドキドキしながら見てました。。。(きっと私だけじゃないハズ)

多摩蘭坂の石垣落書き、すごく懐かしい思いで見させてもらいました。どうもありがとう。
ほとんど消えかけてるけど、きっとあれは私の字だ。もう10年前なんだねぇ。
  • 2009-05-15 22:45
  • ree
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

もう今は 彼 何処にもいない

終電までは開いている?という話もあった青山ロックンロールショー。
だがしかし、22:45頃到着では遅すぎた。すでに門は閉められていた、、、。
正門から雨上がりの大合唱を眺めるのみだった。




さすがにやり切れないので、バイクを飛ばして多摩蘭坂へ。
地元の方が整理されているであろうことに感謝しつつ、献花。
午前二時だからさすがに人出はまばらだが、それでも車や自転車で何人かやって来て、少しお話。




オーティスのCDがあった、粋だ。そしてスーパーカップにはやられたw。
甲州街道を飛ばして帰る。

でももう彼はいないのであった。
直後もさることながら、時々じわじわくるのだ、この一週間。

そして清志郎のいない世界がこれから続いていくんだ。退屈だ。

ただでさえユーウツな連休終わりだというのに、、、。


本日の脳内BGM:「君を呼んだのに」 「満月の夜」



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/692-21edf076

トラックバック

コメント

[C1416]

>でももう彼はいないのであった。

現実を受け入れる勇気をもってるkazz.さん、尊敬します。


清志郎個人の業績もさることながら、日本のロックの精神的支柱みたいなものが、なくなったように感じます。

あとを、継げる器がいないもんな。

  • 2009-05-10 07:05
  • ヨシヒロ
  • URL
  • 編集

[C1417]

多摩蘭坂いったんですね。私も考えていたんですが…でもきれいにされててよかったです。

ヨシヒロさんの言う通りですね。

いまさらながらその大きさを痛切に感じます。
  • 2009-05-10 07:26
  • nk69
  • URL
  • 編集

[C1418]

いやぁ、受け入れる勇気なんて立派なもんはないですわ、まだまだ。

あとを継げる器いないし、また手法は別でも、清志郎位のインパクトある作品やライブをできる人がいるか? という。

youtubeその他に、とくに80年頃のぐいぐい動員を延ばしていった時期の映像や音源が今続々とupされている。まるで化学反応がおこったかのようなあの高揚感、ないんだよね。。。
  • 2009-05-10 10:04
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1419]

おつかれさまー、行ったんだねー国立まで。
先週から別にさ、泣いていてもしょうがないし、思いだせば楽しい事ばかりだったんでって思ってたけど、、昨日はさすがに参りました。。

とりあえず、正直俺もじわじわが爆発してつらいけど。
俺もなーさんも、恋の「陽のあたる場所」に何時になったら行けるのでしょうか?
むさしのたんぽぽ団ならぬ、むさくるしブラザーズの今後も考えて行きましょう!?

とりあえず、キヨシローが核であんたに出会えたこと考えればもうけもんです!!
  • 2009-05-10 13:36
  • とっくりん
  • URL
  • 編集

[C1420]

「忌野さんゆかりの「たまらん坂」に花束絶えず」[読売新聞]
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090510-OYT1T00035.htm?from=top

石垣の落書きはこちらに保存(制作協力しました)
http://www001.upp.so-net.ne.jp/hitohata/trsaka2001.htm


今回の報道に関しては、NHKは割と良心的だった気がする。
制作現場の主体がRC世代ってな。今夜のこの番組にはちょっと期待。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-05-10&ch=21&eid=10731

  • 2009-05-10 13:47
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1421]

>とっくりん
いざという時に間に合わないっつーのがね、なんだかね(汗)。
例によって頭の中は活字でいっぱいで美化して書いてます。
  • 2009-05-10 13:57
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1422]

先ずは佐野様DVDありがとうございます!!
現実逃避に役立ちましたよ。
昨日、行って来ました。
2時半から並んで斎場に入れたのが7時半頃。
お別れと最後のライブのつもりで行きました。
当たり前ですがご遺体に会える訳でもなく
献花台の祭壇には、笑顔の氏が…
途切れる事無く曲がかかり、
建物の外では、大合唱、手拍子、キヨシローと叫ぶ声、
曲のイントロと紹介のMCが始まると歓声と拍手、
終わるときも歓声と拍手。
MCが言っていましたが、まさに青山ロックショーでした。
泣いている方がいなければ、
ヒロトじゃあないけれど悪い冗談、
人騒がせなプロモーションなんじゃ?
と思わせるものがありました。

献花台に飾られていた愛用のギターを見た時には、
こみあげてきたものをこらえましたが。
建物をでて外で曲を聴きながら斎場を立ち去れずにいました。
不意にスローバラードが流れ、目頭がやばくなり、
次の上を向いて歩こうのイントロで堤防は決壊し、
あふれる熱い涙、をこらえることは出来ませんでした(笑)

お騒がせしてすみません。
新曲Oh My Radio のプロモーションなんです、実は
と誰か言ってほしい…
  • 2009-05-10 22:26
  • いのまた
  • URL
  • 編集

[C1423]

>イノっちゃw.
明日会社で会う前にコメントありがとう。

> プロモーション
うん、同じニュアンスで
「マスコミの情報に騙されるんじゃなねー!」といいながらゼリーが出てこないかって、まだどっかで思っている。
  • 2009-05-10 23:25
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1426]

青山Rock'n Roll Show、昼の12時に行った時点で激しい長蛇の列で、3時間半かけて葬儀所に到着したのだけど、、受けとめていたはずなのに本当のお別れなのだと思うと急に実感がわいてこなくなって。同じように自分も今ごろジワジワと来ています。なんだか少しでもボスに近い人の、ボスの匂いのする歌が聴きたくて、今日は吉祥寺GBへ三宅伸治バンドを観にいきました。Saxに片山さん、Keyに厚見さんがゲストで来ていて、ボスと一緒に作った歌、RC時代の歌、いっぱいやってくれました。自分の目には伸ちゃんの隣にボスが見えましたよ。心の中で号泣して観ていましたが、
伸ちゃん、「追悼とかそういうんじゃないんで。やりたいと思うからやるだけなんだ」って言ってガンガンやってくれました。MOJO CLUBのデビューアルバムが「社会復帰」でしたね。
身も心も明日からそうせねば。
  • 2009-05-11 02:26
  • shigeki kawada
  • URL
  • 編集

[C1428]

#やっとネット復活しました

NHKで「キモちE」て・・・いやいや、画面に歌詞出せるのか?!と、すごいドキドキしながら見てました。。。(きっと私だけじゃないハズ)

多摩蘭坂の石垣落書き、すごく懐かしい思いで見させてもらいました。どうもありがとう。
ほとんど消えかけてるけど、きっとあれは私の字だ。もう10年前なんだねぇ。
  • 2009-05-15 22:45
  • ree
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

kazz.

I'm now here, I'm nowhere.
ここにいてそしてどこにもいない
ハイブリッド。
まあ、
住んでるとこ=地球、
肩書き=人間、
でええやん。

*タイトルはNICOっつかP-fiveから。
詳しくはここら辺り
http://48262.blog42.fc2.com/blog-entry-324.html
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=466626

Powered by FC2ブログ

AdSense

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。