Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/434-5693936c

トラックバック

コメント

[C998]

こういういわゆる「名画座」は、なくならないでほしいですね。
特に思い入れのある映画って、家のTVで見るのと映画館のスクリーンで見るのとでは違うし、見終わってからの帰り道に余韻に浸るというのも、映画館ならではですよねー。
  • 2008-02-09 21:51
  • shiba
  • URL
  • 編集

[C999] そちらにはたくさんあるのかな?

ありそうやね。
帰り道の余韻、そうそう。観た映画の話題を肴にちょっと一杯とか。

ちなみにこの作品のレビューをチェックしてると「白黒だから食わず嫌いだったけど観たら良かった」という意見が散見される。結構意外。古いからという理由だけで敬遠されちゃうのかね。もったいない。
  • 2008-02-10 11:08
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1000]

はじめまして織田真由美です。
私も5日にこの映画を観て来ました。
お熱いのがお好きがご覧になれなくて残念でしたね。笑いっぱなしで最高でした。
この早稲田松竹の観賞券は『ぱど』というフリーペーパーのプレゼントでよく当たるので、いつもタダで観ています。
16日からの『題名のない子守歌』も見に行くつもり。
『陰日向に咲く』も吉祥寺プラザの当たったダタ券で明後日観に行く予定です。
貧乏映画好きの観賞予定でした。
  • 2008-02-10 11:59
  • おだまゆみ
  • URL
  • 編集

[C1001]

>織田真由美さん
コメントありがとうございます。
「お熱い~」がスクリーンで観ることができなかったのは残念だけど、「アパート」の感動はそれを上回る位だからOKです。
「ぱど」情報thxです。
拙blogは節操なくいろんなこと書き散らかしてますが、また遊びにきてくださいな。
  • 2008-02-11 12:46
  • kazz.
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アパートの鍵貸します@早稲田松竹

the Apartment

ゆうべ「陰日向に咲く」の上映情報を調べるためYahoo!映画を見ていたら、なぜか?「アパートの鍵貸します」の名前が。よく見たれば早稲田松竹で8日まで上映とな。二本立て1,300円。さすがに併映の「お熱いのがお好き」には間に合わないから諦めたが、ラスト1本なら800円。嗚呼有り難し。

実はこの作品、1985年のクリスマス直前にNHK教育で放映されて以来(これで知ったという人、web上でよく見かけます)、我が生涯ベストシネマの座にずっと在り続けているのですね。

先日も書いた小道具を巧みに使った伏線の妙、不倫や自殺といったシーンがありながら決して重たい印象にならないビリー・ワイルダー監督の洒脱な演出、小粋な台詞("buddy boy"とか"beatnik!"なんてのもお気に入り)、キュートなヒロイン、フラン・キューブリック役のシャーリー・マクレーン(時かけとこれでショートカッ党支持が決定的になったのだ)、そしてそして、ジャック・レモン演じるC.C.バクスター。彼のお人好しっぷりがもぉたまらない。

今も昔も、自分が深夜まで残業して一人オフィスにいる時、常に浮かぶイメージが実は彼なんですね。あの飄々とした仕草が何度救いになったことか!
もちろん上司に部屋を貸しているわけではないですがw.そもそもあんな広くない部屋だし(汗・しっかし50年近く前にしてすでにテレビにリモコンがついている!)

プロフィール画像にあげている通り(これは「お熱いのがお好き」だが)、自分がお手本としているいくつかの人物像の中でかなり重要な位置を占める一人。とにかく“いい奴”なのよ。


そして上映館の早稲田松竹
無闇に売れ線を狙うことなく、かといってカルトにならず、オリジナリティと愛あるチョイスの街の名画坐。下高井戸シネマに通じますね。
9日からはカウリマスキ3本立て! きゃー♪

そんな素敵なハコで大好きな映画を観られたヨロコビ。いい気分で歩く帰り道、ふと浮かんだ双方に共通するキーワードは、“良心”。うん、ありふれた言葉だけど改めてつぶやくといいな“良心”“良心”“良心”。。。“良心”が、覇権やら利益といったモノよりプライオリティ上がれば、きっと世界は平和になる。大っきらいな奴だって、必ずどこかに“良心”があるはずだ。


いちばん多感な年頃にこういう素晴らしい作品に出会うことができた幸運と、そして今でも同じ感動を得られた安心。今回ぎりぎり間に合うタイミングで情報が舞い込んだということもきっと意味のあることだと思う。おそらく我が生涯ベストシネマの座は今後も変わらずにいることでしょう。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/434-5693936c

トラックバック

コメント

[C998]

こういういわゆる「名画座」は、なくならないでほしいですね。
特に思い入れのある映画って、家のTVで見るのと映画館のスクリーンで見るのとでは違うし、見終わってからの帰り道に余韻に浸るというのも、映画館ならではですよねー。
  • 2008-02-09 21:51
  • shiba
  • URL
  • 編集

[C999] そちらにはたくさんあるのかな?

ありそうやね。
帰り道の余韻、そうそう。観た映画の話題を肴にちょっと一杯とか。

ちなみにこの作品のレビューをチェックしてると「白黒だから食わず嫌いだったけど観たら良かった」という意見が散見される。結構意外。古いからという理由だけで敬遠されちゃうのかね。もったいない。
  • 2008-02-10 11:08
  • kazz.
  • URL
  • 編集

[C1000]

はじめまして織田真由美です。
私も5日にこの映画を観て来ました。
お熱いのがお好きがご覧になれなくて残念でしたね。笑いっぱなしで最高でした。
この早稲田松竹の観賞券は『ぱど』というフリーペーパーのプレゼントでよく当たるので、いつもタダで観ています。
16日からの『題名のない子守歌』も見に行くつもり。
『陰日向に咲く』も吉祥寺プラザの当たったダタ券で明後日観に行く予定です。
貧乏映画好きの観賞予定でした。
  • 2008-02-10 11:59
  • おだまゆみ
  • URL
  • 編集

[C1001]

>織田真由美さん
コメントありがとうございます。
「お熱い~」がスクリーンで観ることができなかったのは残念だけど、「アパート」の感動はそれを上回る位だからOKです。
「ぱど」情報thxです。
拙blogは節操なくいろんなこと書き散らかしてますが、また遊びにきてくださいな。
  • 2008-02-11 12:46
  • kazz.
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

kazz.

I'm now here, I'm nowhere.
ここにいてそしてどこにもいない
ハイブリッド。
まあ、
住んでるとこ=地球、
肩書き=人間、
でええやん。

*タイトルはNICOっつかP-fiveから。
詳しくはここら辺り
http://48262.blog42.fc2.com/blog-entry-324.html
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=466626

Powered by FC2ブログ

AdSense

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。