Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/387-1f13c2f7

トラックバック

コメント

[C920] 観た

初対面だったからか、タモリ終始敬語w.

  • 2007-11-05 23:52
  • kazz.
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

つじあやのに関する考察

来週月曜日のテレフォン・ショッキングに、つじあやのが出演だそうな。初めて、かなぁ。録画予約済み。
ただ、世間一般(なんだよそれ)の知名度というのはどうなんでしょうね。というのはnot音楽絡みの知人に名前を切り出しても大抵知らない。以前「爆笑問題の検索ちゃん」にて次長課長井上が何かの回答で「つじあやの」と書いたら共演者観客ぽかーんな空気だったのよねぇ。

ま、それもなんぼのもんじゃい、ですが。

“ウクレレ・眼鏡・ほんわか系”というイメージが強い人だけど、ワタシの着眼点はそれだけで語れない底力、芯の強さ。表立って主張はしないけど決して持論は変えない、というか。デビュー前のライブではそれこそKing Brothersみたいな凶暴ガレージバンドと対バンでウクレレ1本携えて登場、でもすぐに自分の空気を作る、みたいな感じだったはず(雑誌のレビューを読んだ記憶では)。ちなみに彼女のお姉さんはイースタン・ユースのファン。似たタイプのシンガーは何人かいるけど、やはりその辺は明確に違うと思う。

その“自分の空気”は演奏のタイム感に出ていて、それがもっとも顕著に出ているのは、やはりインディーでの1st。うた、ウクレレ、アコギ、それと京都の音風景だけのホームレコーディング。無意識に出るわずかな“間”が非常にいいんです。ドンカマに乗っけてレコーディングした楽曲だと、どうしてもそこが違う(もっとも今は自らコンピュータでプリプロしてますが)。鴨川でのフリーライブをみるために新幹線飛び乗ったこともあったっけ。そんな思い出も含め、やはりこれは名盤。バックアップ用まで買ってしまった数少ない1枚。



いいとも出演情報は本人のblogより。結構飲んでる日が多く、これまたパブリック・イメージとは違う一面!?
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/387-1f13c2f7

トラックバック

コメント

[C920] 観た

初対面だったからか、タモリ終始敬語w.

  • 2007-11-05 23:52
  • kazz.
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

kazz.

I'm now here, I'm nowhere.
ここにいてそしてどこにもいない
ハイブリッド。
まあ、
住んでるとこ=地球、
肩書き=人間、
でええやん。

*タイトルはNICOっつかP-fiveから。
詳しくはここら辺り
http://48262.blog42.fc2.com/blog-entry-324.html
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=466626

Powered by FC2ブログ

AdSense

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。