Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/32-b9ace770

トラックバック

コメント

[C45] あら!

私も今日この映画、観て来ましたよ。
本は未読だったからかな?w そんなに悪くない印象です。
まあ、アスミックエースってことで可もなく…程度にw
(と変な先入観w)
  • 2006-01-22 23:47
  • むろんぱん
  • URL
  • 編集

[C48] 素数

映画は、見るのよそうかな・・・
本は、私も本当に面白くて、一気によんでしまった。
おまけに、「素数の音楽」って本を読んでるけど、まだ、読み終わっ
てません。
昔、ピアノ習ったときのバッハのインベンションを思い出したよ
  • 2006-01-24 23:32
  • nashihana
  • URL
  • 編集

[C49]

>むろ chang
読んでそうな気がしてたけどね。改めて読み返してみると、原作では発言していないセリフ多数あり。それでいて雷のシーンがごっそりカット。

>nashihana chang
夏までにはCS、年末には地上波で放送されることでしょう。
「素数の音楽」むつかしそー&たけー。
  • 2006-01-25 23:36
  • kazz.
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きのうの雪の記録とmathematical romanticism

060121_snow1.jpg 060121_snow2.jpg 060121_snow3.jpg


10cmを超えたんじゃないだろうか、うちの辺りは。人が通った形跡がほとんどない裏の駐輪場を歩くと、新雪を踏むきゅっ、きゅっという感触。好きなんすよ、片栗粉のようで。聞いたところによると、海に近い地域はもっとベシャベシャだそうで、結構違うもんだ。そいえばクリス智子さんが伝える六本木ヒルズの気候だってこことは微妙に違うことが多いし。

雪の中お茶の水JANISにCD返却。ここは宅配便返却サービスがあるが、どうせならまた違うの借りようという貧乏根性が働いて電車に乗り込む。しかし何か足りない感じ、、、肝腎のCDを忘れている!新宿でちょこっとだけ買い物して引き返す。この天候の中2往復ですか、粗忽も大概に。

ただケガの功名じゃないけれどその間に「博士の愛した数式」が読了。映画は今日から公開だ。通常なら混むだろうけどこの雪なら、と最終回の丸の内東映に滑り込む。入りは3割弱(初回は舞台挨拶があったとな)。

で、その映画はといえば、、、これがひどかった。。。フカッツェリがいなかったら途中で帰っていたかもしれない。冗長なテンポ、線香くさい加古隆の音楽、そもそも吉岡某が狂言回し役という、原作にはない構成にした点で致命的なわけで。。。原作の大事な部分をカットして、余計なことばかりトッピング。自分が原作者だったらどんな気持ちだろう。そしたら小川洋子さんそっと出演しかも原作にないシーンで。うーん。。。

映画から観ればそれなりにという人もいるかもしれないが、原作読んでからだと相当キツいな。あくまでも別物というか。あるいは寺尾聰とふかっちゃんをイメージしながら原作を読むのがいちばんよいかも(博士の設定はもっとおじいさんだけど)。

あ、小説は非常に面白かったですよ。数学と文学という、ある種対極にあるものを見事にユーゴーさせてます。それどころか数字って結構ロマンティックとさえ思えてしまうマジック。

高校時代、迷うことなく文系の道に進んだ私ですが、意外と数学は嫌いではなく、国公立の二次試験でも数学がある学部を受けた。特に証明は、ロジックというか物語があるじゃないですか。中でも「数学的帰納法」というものを考えた人は今でも見事だと思ってます。次々とつながっていく感覚、あれこそmathematical romanticism。"pay it forward"にもつながると自分は思ってる(映画は今イチだったが)。

その後職場で長年数字と付き合う担当になるのは、だからちょっとした必然だったのかもしれない。経理ではなくマーケティング的計数。ぱっと見ただけは単なる数字の羅列でも、そのリストの間に(当時はエクセルじゃなくてマルチプランがメインだった・古)見えてくるものがある。"文脈"を読むと同じように"数脈"だってあるというのが、9年間続けた仕事の成果かな。保険会社のCMじゃないですが、数字に気持ちを込めることってできると。これまた、cutie technoちっくな発想か。

そんなわけで、リコメンドは本の方へ。

博士の愛した数式 新潮文庫
小川 洋子 (著)






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://48262.blog42.fc2.com/tb.php/32-b9ace770

トラックバック

コメント

[C45] あら!

私も今日この映画、観て来ましたよ。
本は未読だったからかな?w そんなに悪くない印象です。
まあ、アスミックエースってことで可もなく…程度にw
(と変な先入観w)
  • 2006-01-22 23:47
  • むろんぱん
  • URL
  • 編集

[C48] 素数

映画は、見るのよそうかな・・・
本は、私も本当に面白くて、一気によんでしまった。
おまけに、「素数の音楽」って本を読んでるけど、まだ、読み終わっ
てません。
昔、ピアノ習ったときのバッハのインベンションを思い出したよ
  • 2006-01-24 23:32
  • nashihana
  • URL
  • 編集

[C49]

>むろ chang
読んでそうな気がしてたけどね。改めて読み返してみると、原作では発言していないセリフ多数あり。それでいて雷のシーンがごっそりカット。

>nashihana chang
夏までにはCS、年末には地上波で放送されることでしょう。
「素数の音楽」むつかしそー&たけー。
  • 2006-01-25 23:36
  • kazz.
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Profile

kazz.

I'm now here, I'm nowhere.
ここにいてそしてどこにもいない
ハイブリッド。
まあ、
住んでるとこ=地球、
肩書き=人間、
でええやん。

*タイトルはNICOっつかP-fiveから。
詳しくはここら辺り
http://48262.blog42.fc2.com/blog-entry-324.html
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=466626

Powered by FC2ブログ

AdSense

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。